フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Blog Circle


無料ブログはココログ

旅行・地域

2019年7月15日 (月)

[休日]いまさらジロー(2019/07/12)

休日に京都まで足を伸ばしましたので、伸ばしついでに一乗寺の「ラーメン二郎京都店」へ。
タイトルの「いまさら」ですが、実は開店してから結構時間が経っている(もう1年くらいなる?)
のと、二郎自体はすでにインスパイア系と言われるよく似たスタイルのお店が関西にも
たくさん登場している(一乗寺方面にも結構たくさんある)ので、そのあたりがまあ
「いまさら」といえばいまさら。
 
11時の開店直後に訪れたのですが、平日でしたので行列はなし。
すんなり入れて、うまく最初のロットに潜り込めたので待ち時間も比較的短め。
(二郎系は麺太目なので、意外とオーダーから着丼まで時間がかかる)
豚とネギをトッピングオーダーして、「ヤサイマシニンニクマシ」をいただきました。
二郎らしいなぁといえば、食券がプラスチック板(まあインスパイア系でプラスチックに
しているお店もありますけど)なのと、水とレンゲをわざわざ最初に取っておかないと
テーブルにもおいていないというところくらい。時間的な問題もあるのでしょうが、
お兄さん1人の「ワンオペ」で頑張っていらっしゃいました。
 
さすがに食べ終わるとおなか一杯胸いっぱいなのもまあ二郎らしさといえばらしさ。
豚がキレイに脂と身の層にくっきりしているのと、マシのニンニクがわざわざ野菜の横に
盛ってあるのが、気配りと言えば気配りで、でもそんな細かいところがやっぱり「本家」
なのかな、と思いました。(ニンニクをヤサイの上に盛ってしまうと、混ぜた時にニンニクが
テーブルに散ってしまうのでメンドクサイ)
 
最後はちゃんとテーブルを拭いて、丼をカウンターの上に置いて「ごちそうさま」
してきましたよ。

2019年6月29日 (土)

[休日]サミットの合間に(2019/06/29)

買い物したり散髪したり、で近所をウロウロ。
キューズモールまで足を伸ばしてみますが、4階のレストランコーナーは
並んで待っている人まではいない、というところで普段の土曜日よりは
ちょっと人少な目かな。でもそこそこ人出はありますね。
恐らく、早いところでボチボチバーゲンセールとかが始まっているという
ところで、人は出てきているのでしょうか。
 
対照的に、阿倍野筋あたりは車ガラガラ。
2車線といいながら、走行車線側は配送の車やら自家用車やらでたいてい
塞がっているのが通例なのですが、今日はほんとに車がいない。
お上の宣伝もそれなりに効果があったのでしょうかね。
 
本日のラーメン
ダイキ麺 阿倍野店
わりと最近できた台湾ラーメンのお店。
まあ、台湾ラーメンとしてはわりと「普通」、というかこの店ならでは的な特徴は
あまりないです。
追い飯が無料で付いてきますので、汁なしならそのままダイブしてミンチの欠片まで
堪能できますし、ふつうのラーメンでしたら、汁をご飯にぶっかけて食すとよろしいかと。
中辛の汁なし麺大をチョイスしますが、痺れるほどの辛さです。
適度に酢をいれて中和するといい感じかと思います。
カレー味や冷やし(夏限定?)もチョイスできるので、機会があればまた。
個人的にはノーマルな普通のラーメンも一度試してみたいところです。

2019年6月24日 (月)

[休日]東京へ(2019/06/24)

1年ぶりの某インターネットラジオ番組のイベントで、東京へ行ってきました。
明け番の夜にバスで東京へ移動、そのまま1日イベント参加して、夜また
バスで大阪まで帰って来るという、控えめに見ても強行軍です。
イベントの最中はどうということはありませんでしたが、帰ってきたら
朝ごはん食べて(ビールも飲んでたけどさw)、夕方近くまで爆睡でした。
もう若くはない、ってことですかね。
(職場の20台後輩くんは、バスで帰ってきてそのまま仕事するとかやってました
けど…ワタシにはもうそんな芸当はできないですw)
 
駅にゴミ箱が無いのには閉口しましたが(サミット対策なのか、常時のことなのか
不明…8月、10月とまた上京の機会はありそうなので、その時にまた確認するか)
無事に帰ってこれたので、まあよしとしましょうか。
 
本日のラーメン
立川マシマシ
こちらは割と有名な「二郎インスパイア」系のお店。
たまたま行った先がよみうりランドという東京の果て(!)でしたので、行ってみる
ことに。
この店がそこそこ有名になったのは「マシライス」(ご飯にラーメン用のチャーシュー
を乗せ、脂をかける)というメニューなのですが、ふつうにラーメン食ってました。
食したのは、ラーメン中の野菜マシ、豚W、ネギトッピング。
かなりのボリュームでしたがなんとか平らげました。
スープがやや薄目なのは、トッピング前提なのでしょうかね。途中でニンニク味変で
なんとか対応できましたが、野菜を増すこと前提ならスープはカラメのほうがいいかも。
ネギトッピング(普通にネギを刻んだものに、アブラを少し絡めていたみたい)を
チョイスしましたが、野菜のボリュームのあまり完全に消えていましたね(苦笑)
ちなみに、立川は食べログで見ると、駅周辺だと1ページ(15件)すべて評価3.5前後
のお店が占めるというなかなかに幸せな町です。機会があればまた再訪してみたい気が
します。
 
とりあえずはリフレッシュして、また明日。

2018年12月 5日 (水)

[休日]2018/12/05(水曜日):第10回なにわなんでも大阪検定結果発表!

いろいろと思うところはありますが(苦笑)、2級合格です。
本年の試験結果概要はこちら

(初級:午前の部)
87点/100点満点 3級合格(前回:90点
63位/2164人中(前回:49位/2380人中
 
(上級:午後の部)
58点/100点満点 2級合格(前回:65点
243位/2164人中(前回:180位/847人中
 
平均点はどちらも下がっているようなので、少し難しかったのかと思いつつも、もう少し頑張りたかったところです。

次回こそは1級に手が届きますように、がんばろう。
 

2018年10月21日 (日)

[休日]2018/10/21(日曜日):なにわなんでも大阪検定2018

前の記事で散々勤務のことを愚痴っておりましたが、結局3連休は幻と(!)消えて、次回勤務は月曜日と相成りました。チャンチャン

気を取り直して、今年も「なにわなんでも大阪検定」受けに行ってきましたよ。
(昨年の様子結果
ざっくり自己採点してみましたが、前年並みの級は取得できそうですが、前年の得点は下回る見込みです。

対策としてはこんな感じでした。ほぼほぼ一夜漬けに近いですけど。
1)公式テキスト「大阪の教科書 ビジュアル版」(創元社)を読む
2)参考文献として橋爪紳也「1970年大阪万博の時代を歩く」(洋泉社)を読む
3)大阪ほんま本大賞・特別賞の直近何冊か読んでみる。
4)ポスター問題対策で公式サイトを見返す。

もう少し深く突っ込んで勉強してみないと、準1級以上は難しいかな。

今年のお昼ご飯はこちら。
ふく流ラパス 分家 ワダチ
大阪府大阪市中央区南本町2-3-11 玉屋ビル 1F
実は、昨年行った「麺匠 桂邸」再訪を試みたのですが、日曜定休に(涙)。
仕方なく、中央大通まで出て見つけたまぜそばメインのお店です。なかなか小奇麗な感じで、女性を連れて行っても、あるいは女性だけで行っても抵抗感少なそうなオサレなお店です(笑)
その分、盛りはやや物足りなさを感じましたが、ちょっとひと味違う(ラーメンでもなく、パスタでもなくという寸評が当たっています)まぜそばを体感できると思います。一方でちょっとピリカラとか味にバリエーションがあるともっと素敵な気もします。追い飯(ここの追い飯は、ただの白ごはんではなく、そぼろが載っています)でタレまでしっかり堪能させていただきました。

明日からまたしっかり仕事します(笑)
今週は1つ仕事1つ休み、1つ仕事W公休と、久々にW公休をいただけたので、集中して臨みたいと思います。

2018年7月19日 (木)

[休日]2018/07/15(日曜日):品達品川ラーメン2題

先日のお休みの振り返り。
東京まで夜勤明け新幹線でイベントを見に行ったのですが、会場は品川。
昼夜2回回しの間に、せっかくの品川なので「品達」まで足を延ばしました。

京浜急行の高架下、ちょっとしたスペースにラーメン屋が並ぶエリアは、まさしくワタシにとってはパラダイス(笑)
そういえば、前回のイベントの時にも開演前と昼夜2回回しの間に行ったっけ…。
 
蒙古タンメン中本
一つ目は、セブンイレブンのPBカップラーメンでおなじみ(笑)、なお店です。今回は蒙古タンメンをいただきました。
唐辛子をしっかり効かせた辛めのスープに野菜たっぷり…が、野菜がかなりくったくたになっていたのがちょっと残念。まあ、1杯ずつしゃきしゃき野菜を炒めて、って大変なんでしょうけどね。あと、スープも辛くて旨いというには何かひと味足りない気がしました。あるいは、味噌にしたらこの物足りなさは埋まったかなと思います。そう、辛みはあるけど旨さがなにか足りない。ちょびっと残念。
 
野郎ラーメン
関西人からすれば、「あ、名前は知ってる」レベル。チェーン店なのですが、関西には店舗がないのです。ということで、覗いてみました。汁なし野郎(いわゆるまぜそば)をいただいてみることに。
盛りのイメージは二郎系に近いでしょうか。山盛りのゆでたモヤシ(炒めにすることもできるそうです)は、ちょっと混ぜるのに一苦労。
テーブルには、刻みニンニクやカレー粉、返しが置かれていますので、味変も自由。蒙古タンメンの後でなければ、麺大にすればよかった(苦笑)
味は、汁なしにしてはわりにあっさり。大盛の野菜でうまくマイルドに仕上がった感じでしょうか。機会があれば、今度は豚骨も試してみたいところです。
 
ああ、2杯もラーメン食ったで(苦笑)
久しぶりにラーメンを堪能する休日でした。

2018年5月14日 (月)

[休日]2018/05/12(土曜日):大阪市立美術館

順番が前後します(苦笑)

土曜日はW公休の2日目。前日はほぼ一日インドアで本業のプロデュース業に専念する形になっていましたが、せっかくの休日でしたし、1日は外で過ごそうということで天王寺の大阪市立美術館に行ってきました。
20180512_094523_2

[特別展]江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで
江戸時代の「漫画」の展示です。平たく言えば。
さらりと描かれた絵も、北斎に代表されるような緻密に描かれた絵も、どちらもそれなりの味があって面白かったです。(個人的にはさらりと描かれた絵の方が好みでした)
キーの展示になる「金魚」の絵をじっくり見ることができなかったのですが、まだ会期後半があるようですので、できればもう一回ゆっくりそちらを見に行ってみたいと思っています。

いつもどおり、ラーメンでリフレッシュです。
魂心家 大阪なんば店

大阪府大阪市浪速区難波中2-4-3

大阪日本橋、いわゆる「オタロード」(アニメイト前の通り、メイドカフェや2次元系のグッズや本などが揃う通りです)の難波側入り口にある横浜家系といわれるラーメンです。ちょっと濃い目の豚骨+魚介系で、なぜか(?)ごはんとよく合うラーメンを売りにし、こちらのお店ではご飯は盛り放題、おかわりし放題(もちろん限度をわきまえてねw)となっています。
チョイスしたメニューは「ねぎ盛り(800円)」で、もちろん無料のご飯を付けあわせにします。スープは醤油、麺固め、味普通、脂多めで、テーブルのニンニクと豆板醤をしっかり入れていただきました。
横浜家系のもう一つの特徴は、「海苔」がしっかり付いてくることなのですが、いろんな意味で濃いスープにしっかり浸してごはんとあわせていただくとなかなかの美味です。スープは最後にご飯にかけていただいてもなかなかよろしいかと。
スープまでしっかりいただいたので、「まくり」なるチケットをいただきました。
(要は、出されたどんぶりを空にすると、トッピング無料になるチケットがもらえる)
また、チケットが使える間に一度訪問してみたいと思います。 

ほんとにリフレッシュできたかどうかは、順不同の別記事でどうぞ(笑)
2連勤目もがんばります。

2018年5月 6日 (日)

[休日]2018/05/06(日曜日):ゴールデンウイーク最終日

世間はゴールデンウイーク最終日。地元で髪を切った後、すこし梅田をぶらぶらしていましたが、結構どこも「人大杉」でしたね。

三田製麺所 梅田店
大阪府大阪市北区角田町2-2(エスト1内)
20180506
普段ならまず行くことのないエストですが(苦笑)、いちど「eイヤホン」(ヘッドホンの専門店)に行ってみたいと思いついて行った際に立ち寄りました。食したメニューは「油そば(大)980円」です。
結構野菜の具が多いのと、案外あっさりな味がいい感じです。油そば(まぜそば)も味が濃過ぎる嫌いがあるものもあったりします(それはそれ、嫌いじゃないし、追い飯などのアイテムと絡めて美味しかったりもするのですが)が、こちらのお店はラー油や酢で好みに調味すること前提なのか、かなりあっさり目でした。
 
さて、リフレッシュしての明日のお仕事です。

 

2018年4月25日 (水)

[休日]2018/04/25(水曜日):リズと青い鳥

朝いちばん、どうにか雨も上がりそうな様子でしたので、ARIO八尾まで映画を見に行ってきました。何故にARIO…実は平日の朝1回目上映は1300円で見れるということでしたので(笑)

「リズと青い鳥」

あの「響け!ユーフォニアム」の続編にあたる作品ですが、メインになるのは3年生(前作まででいうと2年生)の二人。TV-CMで流れている映像とか見ていると、絵柄が違う(笑)とか思っていましたが、雰囲気もだいぶ違うかなと。
前作までが、「行くぜ全国大会」な、半ばスポ根っぽい乗りで「同じ目標に向けて進んでいく人たち」の群像劇でわかりやすい流れだったのに対して、今回はほぼ2人の心情の動きだけで進んでいく感じ。ラノベと純文学くらい違うように感じました。
最後は、お互いが「リズ」でありお互いが「青い鳥」であるという相互理解の中で、次のステージに向けて進んでいこうという方向で終わったので、まあ良かったのかな、ということにしておきます。
 
あと、蛇足ですが東山奈央さんの演技がものすごくよかった。前作までの黒沢ともよさんの自然な「女子高生」感というか、空気感というか。それに匹敵するか上回るか、ちょっと新境地だったかもですよ。というか、こんな自然な東山さんの演技って実は過去あんまりなかったような気がしてます。
 
お昼は、ARIO1Fのフードコートで「リンガーハット」へ。
野菜特盛のちゃんぽんで英気を養いましたとさ。
ゆず胡椒風味のドレッシングで、たくさんの野菜をいただきました♪
 
明日からまた2勤。
近鉄南大阪線で、長期の運転見合わせとなりそうな状況の中で、どんな展開が待っているのか、ちょっと読めないですが、まあぼちぼち行きますか。

2018年4月24日 (火)

[休日]2018/04/24(火曜日):10円ラーメン

本日明日と公休日なのですが、とりあえずいつもどおり起床して新聞を眺めて…

「10円ラーメン」という一面広告

とりあえず逝ってきましたよ。
 
幸楽苑 りんくうタウン店
201804241
こちらのお店の新メニューということで、10:00~11:00限定で10円で供されるメニューが
鶏豚濃厚合わせダシ
という新商品だそうで。
これは当方の邪推ですが、幸楽苑さんといえば関東方面でのラーメン・中華チェーン店さん、鶏ダシのオーソドックスなラーメンにちょっと工夫をということで豚のダシをいれてこってり感・濃厚感を出そうとされたのだと想像するのですが。その意図がもうひとつよく見えませんでした。(まあ、当方は普段から幸楽苑さんのラーメンを食べつけているわけではないので)
麺も、どう見えてもセントラルキッチンで作りました的な感じしか見えなかったので…。
結論まで長くなりましたが、10円ならそれ相当かな、と。
お店の作り自体が、麺メニュー自体は比較的ローコストなのですが、セット(餃子やらチャーハンやらを加えると)ものだと通常のラーメン店に対して何らアドバンテージがあるようには見えなかったので…行くことはもうないかな、と。そんな評価です。
 
せっかくなのでそのまま和歌山まで足を延ばして…
香来
201804242
MiO和歌山の地下レストラン街の一角です。他にも、駅周辺には和歌山ラーメン的なお店はいつくかある中で、こちらのお店も「湯浅醤油ラーメン」というそれらしい名前を冠したラーメンを提供しておりますが、中華料理屋さんを銘うっていて、ランチではラーメンメインでという感じですが、夜は中華一品料理もという感じのお店です。
ワタシは、香来麺というメニューをオーダー。担々麺風味ですが、モヤシやニラ炒めを乗せた辛みの効いたラーメンです。ちょっと驚いたのは平打ちのやや太めの麺で供されたこと。生卵が標準で付きますし、ラー油や酢で味変すれば結構いろんなバリエーションで楽しめるように思いました。あえて誤解を恐れず、「隠れた名店」かもしれません。次回(機会があれば)、湯浅醤油ラーメンを試してみたいですね。
 
もう1日休みです。リフレッシュするぞー(笑)